塩原旧道5-③

それは・・

江戸期の道

不鮮明な道に翻弄されながら

おっさんは1つの古い石碑に出会う・・



*探索日2017年2月27日*





少し藪っぽい道を・・

ゆっくり進んでいく

むう・・・?・・・

・・・なんだ?・・この感じは?


これは・・戦場の・・匂い??・・


はうっ!!?(゚Д゚;)!!?

a0243317_12255243.jpg


ブービートラップ!!!??

危なかった・・もう少しでひっかかるところだった
傭兵経験がなければ確実に命を落としていただろう(大嘘)


・・しかしこれ・・
a0243317_1230521.jpg


この環に入ったら締まってとれなくなる仕組みのようだが

何用の罠だろう?・・高さから・・イノシシ用っぽいけど

あ・・・ってことは・・
・・・イノシシがいるってことじゃねーか!!?
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


ううう・・・
なんかいつも野生動物に怯えてんなオレ
(´;ω;`)ウッ…

a0243317_12352751.jpg



さて・・道はかなり不鮮明だが・・

a0243317_12335222.jpg


なんとな平場っぽいところを進んでいけてはいる・・

一見かなりの山奥風だが
近くには民家があったりして
a0243317_1235490.jpg


それほど奥地ではない・・
実際100mも下れば国道400号線に出られるレベルだ

それにしても・・倒木が多いし
a0243317_1236503.jpg

なんだか本格的にわからなくなってきたなぁ・・

イノシシとかに出会うのも嫌だし・・
このまま民家の脇を通って帰ろうかな・・
(´・ω・`)・・

a0243317_1239367.jpg


うん・・道っぽくなってきた・・

あれは?なんだ?

a0243317_12394154.jpg


石碑!!??(゚Д゚;)

これは・・・

a0243317_1240940.jpg


馬頭観音!!??(゚Д゚;)


古い文字だが「馬頭観世音」と掘ってある

「馬頭観音」は・・
馬が移動や荷運びの手段として使われている頃 亡くなった愛馬への供養塔として
祀られたものだが、山道などの交通の難所、追分など。道標を兼ねたものも多いという。

・・・そしてこれも道標を兼ねたものだろうか?・・

傍らには・・

a0243317_14154412.jpg


石仏もおかれているけど・・
教養のないおっさんには・・なんの石仏様か不明・・

そして・・この馬頭観音・・いつ頃建てられたのか?
それがわかればこの道の歴史も少しわかるはず

そっと横を見ると・・
a0243317_14231564.jpg


安政二年だと!!??(゚Д゚;)!


っていつだよ!?安政って
(´・ω・`;)!!??



調べてみると・・・今からざっと162年前の西暦1855年
時代は江戸時代・・13代将軍 徳川家定が納めていた時代・・

ちなみに一緒掘られている「乙卯」(きのとう)はこの年の干支で
3月と掘られてはいるが・・多分旧暦で・・現代の暦だと4月ぐらいだと思われる

(何故か乙が小さく少しはずれて掘ってあるのは こうゆう書き方なのか・・忘れてしまって後から掘ったのか・・。もし忘れて後から付け加えたならそのドジっ子具合に萌える♥)



つまりは・・この道・・・

おもいっきり江戸時代には存在していた道!!
塩原新道が出来るはるか前からある塩原温泉への道ってことか!


よっしゃ!!テンション上がってきたぞ



そうだ・・反対側にはなにか掘ってあるのかな?
a0243317_1436743.jpg


・・・うーん読みづらいが・・
「願主 惣村・・」かなぁ・・下の方は読めないが

惣村は・・昔の農家の共同組織・・つまり自治体みたいなものらしい
このあたりの自治体で祀った石碑なんだろうな・・


a0243317_1441825.jpg



うーむ・・しかしカッコイイ石碑だ・・

これに出会えただけどもここに来た甲斐があるってもんだ
(´;ω;`)ウッ…


よし・・どこまで続いてるかわからないけど

先に進んでみよう!!



つづく
[PR]

by mimoru68 | 2017-03-07 09:00 | 廃道