三斗小屋鉱山跡6-①


それは・・

古い鉱山・・

那須の奥地・・三斗小屋宿跡近くに眠る

鉱山跡を探しに行ってみた・・


*探索日2017年11月13日*












もう何年も前になるが・・

那須の三斗小屋宿の隣の沢でレールを見たという話を聞いたことがあった・・

その時は興味もなく「ふーん(´Д`)」で終わったんだが

廃に興味を持ち出してから・・その話がずっと頭の片隅で気にはなっていた


たしかに・・あのあたりは白湯山林道といい・・
昭和8年頃には林用軌道がしかれていたらしいが・・
それは現在の深山ダムに大川が流れ込むあたりまでと聞く・・

a0243317_09581593.jpg
昭和前期頃の地図(深山ダムはまだ建設されてない)



さらに上の三斗小屋宿まで軌道が敷かれていた可能性は低いし(地形的に難しい・・)
だいたい結構なハイキング客が来る場所なのにレールを見たというブログなども全然ない・・

歴史的なことを言えば日野木材株式会社が昭和18年に軌道を撤去している・・


多分酔っ払って勘違いしてるか幻覚でも見たんかと思ってたが・・

三斗小屋宿の歴史などを見直すと

明治26年(1893年)に銅山が開かれ宿の近くで精錬が行われていたことが分かった

この銅山は昭和20年代まで稼働はしていたらしいので・・

もしかしたら・・鉱山関係のレール??

でも場所がよくわからない・・山深い場所で地形的にも闇雲に探せないし・・
熊もいるし・・・体力もないし・・ハゲてるし・・

でもとなりの沢と言ってた気がすんな(うろ覚えだが・・)

三斗小屋宿をGoogle Earth様で見ると

a0243317_10134142.jpg


こんな感じなんだが・・三斗小屋宿の隣の沢は2つ・・

一つはすぐ東側を流れる那珂川の源流となる湯川 もう一つは山を超えた西の谷にある沢っぽいところ・・

でも・・東を流れる湯川は・・結構な水量のうえ・・
ブログとかでこの湯川を遡上した記事を見てもレールやら鉱坑を見たという話は見たことがない・・
だいたい・・沢じゃなくて川だし・・

とすると・・西側の谷か・・・・

でも・・どう行けばいいんだ??

a0243317_10254439.jpg

とりあえず・・
谷(沢)を下流から遡上することも考えたけど・・沢登りするテクも経験も皆無だし・・
根本的に・・沢に入る場所もよくわからないんで・・

「三斗小屋宿の隣の沢」という うろ覚えのキーワードを信じ
さらに三斗小屋宿で精錬してたんなら道ぐらいあるだろ といういい加減な妄想を頼りに

三斗小屋宿側からの最短距離・・・
西側の丘のようなところを超えてアクセスすることにしてみる

あとは・・現地に行ってみて調整していこう!


よし!あってもなくても
久々の山歩きに行ってみんぞ!!!(`・ω・´)シャキーン



そして・・休みができたこの日

a0243317_10324775.jpg

紅葉も・・もう終盤になる那須・・

深山ダムを目指す


a0243317_10333685.jpg


深山ダムは 昭和48年(1973年)に完成したダムで

堤高75.5m 水をアスファルトで遮水するアスファルトフェイシングフィルダムと言う構造をとっているみたい
ここは上池となる沼原ダムとセットで揚水発電を行い 更に農業用水にも使用されている。


a0243317_10462680.jpg


ここは紅葉の名所でもあり昔はよく来ていた気がする。。

ダム湖の向こうに見えるのは・・大倉山のあたりかな・・


a0243317_10442209.jpg

うっすらと雪化粧してやがる・・(´・ω・`;)・・

大丈夫かな・・おっさん遭難しないよな・・


さて・・ここから少し上流部に車を走らせ


a0243317_10465200.jpg


ついた!

ここから歩いていこう!!!

よし出発だ!!!(`・ω・´)シャキーン






[PR]

by mimoru68 | 2017-11-16 10:48 | 鉱山